6月

大祓(夏越大祓)

日時: 30日 16:00(受付15:00~)       場所: 表参道

 

 

6月30日、午後4時より恒例の夏越の大祓が、神門前参道広場で斎行されます。

 

どなたでもご自由にご参列いただけますので、是非一度、お越し下さい。

 

大祓は、古来より国の祓えとして、六月と十二月の晦日(みそか)に行われ、人々が知らないうちにおかした罪や穢れ(けがれ)を祓い清める神事です。

 

まず、宮司にあわせて大祓詞を奏上、その後各自、切麻(きりぬさ)で自己祓いをして、人の形をした形代(かたしろ)で全身をなで、息を三度吹きかけて心身の罪や穢れを移して祓い清め、疫病厄災除けを祈念して、茅の輪(ちのわ)を三度くぐる茅の輪神事を斎行いたします。

 

「水無月の夏越の祓する人は ちとせの命のぶといふなり」というご神歌を唱えつつ、境内に設えられた茅の輪を三回くぐることにより、さらに祓い清めていただくことができます。

 

この日皆さまよりお預かりした形代は、後日ご神火によりお焚き上げをし、その灰を川に流して穢れを祓い清めます。

 

茅の輪は大祓当日の十五日前より、神門前に設置してございますので、期間中いつでもどなたでも、茅の輪くぐりをしていただくことができます。

 

形代は社頭にてお渡ししております。
以下のパンフレットもご参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の夏越大祓の様子をご紹介いたします。是非一度、ご参列にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、『大宮八幡宮 社報』をご覧ください。



最新行事一覧へ