十三参り|大宮八幡宮式場 清涼殿

十三参り

十三参りとは
東京のへそ・子育厄除八幡様の清涼殿では、十三参り饗膳〈会食〉をお薦めいたしております。
御参拝の後、個室でのテーブルを囲みご家族で親しく会食をして頂きます。
お子様のご成長をお祈りいたし、思い出作りのお手伝いをさせて頂いております。
是非ともご利用下さいませ。

十三参り

十三参り(じゅうさんまいり)

古来より数えで13歳になった少年少女が盛装して氏神様やお寺に参拝し、お祓いを受ける行事です。
13歳という年齢は自分の生まれ「えと」がちょうど一巡りしてもとの「えと」も戻る年であり、最初の厄年にあたります。
これまで健やかに成長できたことへの感謝とともに、これからの知徳・福徳・美声等を授かるためにご祈願致します。
関西地方(特に京都)では七五三と共に大切な年中行事となっています。
最近では小学校を卒業し、中学校に入学する前の春休みにお参りなさる方が多いようです。

十三参り
3月13日から5月13日
上記期間外でもご祈願を受けられます
平成17年生まれ(数え年13歳)
平成16年生まれ(満年齢13歳)

満年齢でもご祈祷をお受けいただいても差し支えございません


直会(なおらい)

神祭りのあと、神酒やお供えの神饌をお下げして頂戴することを直会といいます。また、「食べ物」の語源は神々からの「賜りもの」から来ていると云われています。神々に感謝をして同じものを頂く、神人共食の神事で、直会によって大神様のお力をいただきます。また直会とは「ナオリアイ」でお祭りの期間中維持して来たっ心身の忌み籠り状態を元に「ナオ」すと云う意味もあります。直会が済んで、すべての祭りが整うのです。


祝 十三参り饗膳(要予約)

十三参り饗膳01
 笛(ふえ) 5,000円+税

十三参り饗膳02
 琴(こと) 7,000円+税

十三参り饗膳03
 鼓(つづみ) 8,000円+税

十三参り饗膳04
 笙(しょう) 5,000円+税
 ご本人様用
 ※焼き鯛のご用意承ります(有料)

饗膳とはご馳走、おもてなしのお膳の意味ですが、ご祈願が済み団欒の中での当宮での饗膳はまさに八幡大神様のお恵みをいただく直会であり、最高の御膳なのです。

  • お一人様料理代(要予約) 5,000円・7,000円・8,000円(+税)etc
  • 貸切個室 10,000円(+税)より

内祝品として、〈へそ福餅〉〈お赤飯〉〈紅白饅頭〉等のご用命を承っております。


写真撮影(当日承ります)

  • 八つ切り 1ポーズ2枚 13,000円(+税)(焼き増し 1枚毎3,500円)
  • 六つ切り 1ポーズ2枚 16,000円(+税)(焼き増し 1枚毎4,500円)

ご予約は大宮八幡宮清涼殿写真スタジオまで
03-3316-2584

こちら写真撮影に関する詳細は『写真スタジオ』のページへ


レンタル衣装

  • 小振り袖・紋服(十三参り用) 30,000円(+税)〜
  • 訪問着(要予約) 30,000円(+税)〜

こちら衣装に関する詳細は『衣装サロン』のページへ


十三参り美容着付け(要予約)

  • 着付け(小振り袖) 20,000円(+税)〜
  • 着付け(紋服) 10,000円(+税)〜
  • ヘア 5,000円(+税)〜
  • メイク 5,000円(+税)〜

こちら美容に関する詳細は『美容サロン』のページへ


着付け

※大宮八幡宮敷地内では、当館専属カメラマン以外の委託カメラマンによる撮影は固くお断り致します。

ページの冒頭へ

思い出づくり

お問合せ

七五三に関するご質問、ご予約、その他お問合せ、ご意見など、あなたの声をお届けください。
arrowメールでお問合せ
電話:03-3312-7515/ファックス:03-3312-7516

区切り

お気に入り登録

上のバナーをクリックしていだたくと、あなたのブラウザの『お気に入り』に自動登録されます。
(Internet Exploror向け機能)

区切り

交通アクセス

ティーラウンジ

区切り