戌の日の安産祈願は東京のへそ・子育厄除け八幡さま

  • 電話 03-3311-0105
    (受付時間:10:00~17:00)
  • FAX 03-3318-6100

お問い合わせ

大宮八幡宮

大宮八幡宮

  • 交通アクセス
  • 祈願祭案内
  • 境内案内
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 式場 清涼殿
  • 大宮幼稚園
  • 電話 03-3311-0105
    (受付時間:10:00~17:00)
  • FAX 03-3318-6100
  • お問い合わせ

大宮八幡宮

  • 交通アクセス
  • 祈願祭案内
  • 境内案内
  • 由緒・歴史
  • 最新行事
  • 式場 清涼殿
  • 大宮幼稚園

東京のへそ。子育て厄除け八幡さま

大祓(夏越大祓)
6月26日~30日

日時: 6月 26日~30日
10:00~15:00受付       場所: 表参道

※本年6月30日(水)午後4時からの大祓の神事は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、ご参列は神社関係者のみに制限させて頂きますので予めご了承下さい。

尚、一般の方々には26日から30日の午前10時~午後3時までの間、臨時受付を設けお祓いをさせていただきますのでご参拝ください。

 

 

 

●尚、本年も代替え措置として6月26日(土)~30日(水)の午前10時~午後3時の間で神門前に臨時の大祓申込受付を開設致します。 お申し込みをされた方は各自で茅の輪潜りを行って頂きます。ご希望の方には「福笹」を授与致します(一家庭に1本 数量限定)。

 

大祓は、古来より国の祓えとして、六月と十二月の晦日みそかに行われ、人々が知らないうちにおかした罪やけがれを祓い清める神事です。

 

各自、切麻きりぬさで自己祓いをして、人の形をした形代かたしろで全身をなで、息を三度吹きかけて心身の罪や穢れを移して祓い清め、疫病厄災除けを祈念して、更に心中にて「水無月の夏越の祓する人は ちとせの命のぶといふなり」というご神歌を唱えつつ、境内に設えられた茅の輪を三回くぐることにより、祓い清める神事です。

 

皆さまよりお預かりした形代は、後日ご神火によりお焚き上げをし、その灰を川に流して穢れを祓い清めます。

 

茅の輪は6月15日より大祓当日の30日まで、神門前に設置してございますので、期間中いつでも茅の輪くぐりをしていただくことができます。

茅の輪を潜り心身の罪穢を祓い、残る半年間を清々しくお過ごし頂き、一日も早い新型コロナ禍の終熄をお祈り致します。

 

形代は社頭にてお渡ししております。

※期間中は授与所にて随時お申し込みを受付けておりますのでお申し出下さい。茅の輪守りを特別授与致します。

 

 

 

 

 

 

詳しくは、『大宮八幡宮 社報』をご覧ください。


一覧を見る


祭典・行事一覧へ