2月

節分祭・鳴弦の儀
・豆撒き神事

日時: 3日 10:00~       場所: 社殿,
境内

DSC_0253

~節分祭~

季節の変わりめである立春、立夏、立秋、立冬の前日は節分ですが、特に立春の前日のみが、年の始めとして重要視され、「節分」と言われております。

 2月3日 午前10時より一年の邪気を祓う節分祭が斎行されます。祭典の中では古儀に則り、桃の弓、葦の矢で天・地・人に潜む魔障を退散させる追儺の儀が行われます。追儺の儀は平安時代の宮中行事の一つで、現在の節分のルーツとも言われる行事です。

 節分祭に次いで社殿前にて、まず宮司による鳴弦の儀が執り行われます。続いて豆撒き神事が2回に分けて行われ、1回目は境内に併設しております大宮幼稚園の園児を対象に行い、2回目に一般の皆様方を対象に行われます。

近年多くの参拝者の方々がお越しになられます。

 



最新行事一覧へ