4月

昭和祭

日時: 4月29日 10:00       場所: 境内

昭和天皇がご誕生された4月29日(昭和の日)、午前10時より昭和天皇祭がご聖徳をお讃え申し上げる昭和祭が斎行されます。昭和祭にはご自由にご参列いただけます。

昭和天皇は明治34年(1901年)の同日ご誕生になり、大正15年(1926年)、大正天皇崩御により御年25歳で践祚(せんそ)(天皇の御位を受け継がれること)されました。

平成19年(2007年)4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」と制定されたことに伴い、以来毎年昭和祭をご奉仕させていただいております。

当日は宮司以下祭員の奉仕により、中祭式により厳粛に執り行います。中祭式について少し言葉を補いますと、神社で斎行する祭祀には、その内容と目的によってお祀りの規模が異なり、小祭式、中祭式、大祭式という分類がございます。

当宮に於きましては、大祭式は9月15日の例祭(大宮八幡祭り・秋の大祭)、5月5日のわかば祭り(春の大祭)、当日祭(尚武祭)、11月23日の新嘗祭、2月11日の紀元祭、9月の大宮八幡祭りの氏子奉幣祭、12月23日の天長祭、そして、小祭式には毎月一日の朔旦祭、15日の月次祭のほか、2月3日の節分祭などがあります。

 



最新行事一覧へ