戌の日の安産祈願は東京のへそ・子育厄除け八幡さま

  • 電話 03-3311-0105
    (受付時間:10:00~17:00)
  • FAX 03-3318-6100

お問い合わせ

大宮八幡宮

大宮八幡宮

  • 交通アクセス
  • 祈願祭案内
  • 境内案内
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 式場 清涼殿
  • 大宮幼稚園
  • 電話 03-3311-0105
    (受付時間:10:00~17:00)
  • FAX 03-3318-6100
  • お問い合わせ

大宮八幡宮

  • 交通アクセス
  • 祈願祭案内
  • 境内案内
  • 由緒・歴史
  • 最新行事
  • 式場 清涼殿
  • 大宮幼稚園

東京のへそ。子育て厄除け八幡さま

天皇陛下践祚改元奉告祭
併せて躑躅育木祭
並びに朔旦祭

日時: 1日 10:00       場所: 社殿

 

新帝天皇が御即位され、新元号となる5月1日に「践祚改元奉告祭併せて朔旦祭並びに躑躅育木祭」を斎行致します。

多くの皆様のご参列をお待ち致しております。

践祚せんそ即位そくい

践祚は、本来、皇位をむという意味で、すなわち天皇が皇位につかれる事実を指します。践祚の後、陛下がそれを公式に国内や諸外国へ宣明することが「即位」です。現在は「践祚」の語の規定がないため両者は区別されず、平成の御代替りではすべて「即位」とされています。

改元かいげん

新しい天皇の御代になると元号が改められます。

かつては御代替り以外にも様々な機会に改元が行われましたが、明治以降、皇位継承があった時に限り行われるようになりました。よって元号は、ときの天皇の御代を表象するものといえます。元号は、良い意味を持つ二字を用いることとなっており、国民の理想として相応しい字が充てられます。

 
 
 
 
~践祚の式~  (皇位継承の儀式)

剣璽等承継けんじとうしょうけい

 

天皇陛下が御位につかれることを「践祚せんそ」といいます。皇位は一日たりとも空白があってはなりません。皇位につかれた陛下は、「三種の神器」をはじめとした皇室に由緒ある品々や天皇陛下の印である「御璽ぎょじ」、日本国の印である「国璽こくじ」を継承されます。三種の神器とは、歴代天皇に皇位のしるしとして継承されてきた八咫鏡やたのかがみ天叢雲剣あめのむらくものつるぎ草薙剣くさなぎのつるぎ)・八坂瓊曲玉やさかにのまがたまのことです。

 

賢所かしこどころ皇霊殿神殿こうれいでんしんでん奉告ほうこく

「剣璽」が承継されるのと時を同じくして、宮中三殿では新帝が御位につかれた旨を天照大御神(賢所)、歴代天皇と皇族の御霊(皇霊殿)、天神地祇(神殿)に奉告されます。

 

即位後朝見そくいごちょうけん

その後、皇居では「即位後朝見の儀」が執り行われ、陛下は内閣総理大臣ほか三権の長、地方自治体の代表などを御前に召されて皇位につかれた旨を宣言されます。

 

 

~朔旦祭~

 

 

 

 

 

 

 

 

当宮では古くより朔日(1日)、15日に月参りをされる参拝者の方々が多く、こうした方々に年間を通じて八幡大神様のご神威をお受け頂こうと、毎月の朔旦祭に併せてお朔日参り「月参り御幣守護」の祈祷を奉仕しております。 月毎にお申し込みの場合初穂料3,000円、年間一括でお申し込みの際は初穂料30,000円にて斎行させて頂いております。 お受けになられた御幣守護は、神棚若しくは清浄な処にお祀りして下さい。


一覧を見る


祭典・行事一覧へ