5月

わかば祭り(春の大祭)

日時: 5月3~5日       場所: 境内

 

毎年、麗しい若葉青葉で鎮守の杜が新しく息吹き始めるとき、当宮ではさらなる神々のご神威を仰ぎ乞い祈み、わかば祭り(春の大祭)が始まります。

春祭りは、秋祭り(新嘗祭)と一対をなす重要なお祭りで、五穀の豊穣を祈る祈年祭でもあります。春に稲(奧津御年・稲の別称)を始めとする五穀の豊穣を祈り、秋にその収穫に感謝するお祭りが一対となっています。毎年5月3日から5日までの三日間行われ、わかば祭り当日祭(尚武祭)や、わかば祭り第一日ノ儀こどもの祭り(稚児健康祈願祭)などが斎行されます。わかば祭り当日祭(尚武祭)では皇室を中心とする日本国隆昌と併せて五穀豊穣や世界の平和などをお祈りし、わかば祭り第一ノ儀こども祭り(稚児健康祈願祭)では、稚児のお子さま方の健康と益々の成長をお祈りします。お稚児の衣裳をつけた子どもたちが街なかと境内を練り歩く稚児行列はなんとも可愛らしいものです。表参道では植木市も開かれ、賑やかなときを迎えます。

わかば祭り第二日ノ儀の行われる5月4日のみどりの日には、全国植樹祭にちなみ大宮八幡宮みどりの会主催のもとに、植樹祭が行われます。祭典後には、みどりの会から、先着200名に観葉植物苗木の無料配布もございます。みどりの会は当宮の鎮守の杜の保全とともに周辺地域の緑化に寄与し、また、緑の発信拠点として緑化運動の一翼を担いたいと結成されております。また、みどりの会の活動としては、杉並大宮さつきの会が主催する杉並大宮さつき展、杉並大宮菊の会が主催する杉並大宮菊花展があり、ともに杉並区にご後援いただいております。

詳しくは、『大宮八幡宮 社報』をご覧ください。



最新行事一覧へ